神母ノ木パロサント現住民日記2


高知・神母ノ木に住むbambiyanのたよりです
by bambiyan

新聞とネットの接地点

PaloSanto

f0194421_11132640.jpg


4月14日、大雨の後の空に
大きな虹がでているのを見ました。

そのとき、営業で最初に会ったおじさんに
「えい記事を書いてよ!」と言われ、

「いや、私は記者さんじゃないので…(笑)」というと、「素直に書いたらえいき」と
禅問答?めいた言葉を投げかけられました。

おじさんは出勤時間が早く、定期購読は無理とのことでしたが、
「頑張ってよ!」と声を掛けてくれ、一緒に美しい夕焼け空を眺めました。


そしてその日の虹のことが
4月20日付高知新聞朝刊掲載の『声ひろば』に書かれてましたので、紹介させて頂きます。


───(引用はじめ)───

タイトル:紙面の虹、心の虹 
 投稿 :藤田歩さん ピアノ講師(大阪市=四万十町出身)

今は高知を離れて生活していますが、
高知在住の友人のブログで先日美しい虹が出ていたことを知りました。

子どものころは虹の端がどうなっちゅうのか、不思議やったという内容のコメントを残し、
それへの返信コメントで、高知新聞にその虹のことが掲載されていると知りました。

大阪の新聞ではそういった記事はあまり見かけないなと思うと同時に
「美しい虹が出ていたということを記事にし、
掲載された高知新聞の方々は感性が豊かなんだなぁ」
と思いました。


音楽を通して感性の大切さを私は学び、教える立場にあり、
「感性」というものは一人一人違うのが当たり前ですが、
「自然」というものは誰にでも等しく美しいと感じさせるものだと思います。

当たり前のことが当たり前として通じないことが多いですが、
高知では当たり前のことが当たり前として通じるんだと思うと、

「高知出身」というのが、何だかとても誇らしく思えて、
虹は見えなかった大阪ですが、心の中に虹が架かったのを感じました。

───(引用おわり)───


ブログと新聞の接地点。
近年のインターネットの普及には紙媒体業界も悩まされるものがありますが、
素直でステキで、さわやかなこの文章で、
心に一条の光がさっと差し込んだような気がしました。


文章でごはんを食べている人も、そうでない人も、
情報を積極的に摂取してると思いますが、
実際ブログをされてる方は新聞を読まれてるんですよね。


私もブログを書かせていただいてますが、
まちづくりさせて頂いてたときは、まず新聞記事が共通言語でした。
今でも日々、記事を切り抜きファイリングし、ネットのヘッドラインニュースを
ちょこっとみて、時々雑誌、TV、ラジオ。から情報を得ます。

総合力はまだまだ磨かれてませんが、
新聞の読み方が深くなりました。
明らかに脳内の情報網が増え、ストックとつなげる作業がスムーズになってきました。


新聞の仕事に携わってるから言うわけでないですが(笑)、
この新聞の効用、大きいです。

もし、新聞読んでない方いらしたら、
ぜひ、一ヶ月でも良いので、購読してみてください。
自分にとっての新しい発見がいっぱいあるはずですyo!


なーんて、今日は素直に営業記事を書いてみました(*´∀`*)


*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
素直な文章は難しい。筆力がなく、長くなってしまい失礼しました(汗) ***
[PR]
by bambiyan | 2009-04-22 11:12 | 高知新聞片地販売所の日々
<< 私を魅了するそちの名は 土曜日、あの歌が流れる >>


カテゴリ
全体
PaloSantoのこと
つぶやき・ご挨拶
イベント紹介
ちょっとだけまちづくり
高知新聞片地販売所の日々
ステキなお店
ステキな場所
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
アンパンマン近くの毎日居..
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
年始のアリサワ酒造
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧