神母ノ木パロサント現住民日記2


高知・神母ノ木に住むbambiyanのたよりです
by bambiyan

紙上イニシャルトーク2

f0194421_14355492.jpg


前回のS・Kさんの謎。

うーん、夜も眠れない・・・と思っていたら、次の週に種明かしが。


―――――

【12月8日高知新聞朝刊/@ほーむ(田さん著)/タイトル:S・Kさん】

先週のこの欄にある通り、超人気俳優S・Kさんへのインタビューを
「汲」先輩にもぎ取られたわたし。
その俳優とは、一月公開の主演映画キャンペーンのため、来社した
佐藤浩市さんだった。

 当日、入り口で待ち受けながら、既に目がうるんでいる「汲」。
必要ないのに手伝いを買って出たわたし。
そして自然発生した、佐藤さんを迎える編集局の女性たちの列。

 佐藤さんは、さすがにスターのオーラがあった。
180㌢を超える長身で、黒い革ジャケットを着こなし、
映画などで見るよりもスラリとしている。

 「ひゃ~♡053.gif 」とわき起こる拍手。
照れたように笑って会釈する佐藤さん。一同が矢で射抜かれたように
ヘナヘナとその場に崩れた。
 
 「汲」が佐藤さんと応接室に入っていくのを「独り占めかえ」と歯ぎしりするM先輩。

なんと後輩Kは、佐藤さんがのどが渇いたと聞きつけ、すかさず二杯目のお茶を出しに!

 帰ってきたKは「いいにおいがしました。何の香水かな」。
「あんた、それがフェロモンよえ!」とM先輩。

かつて来社した夏目雅子の美しさについて、今も熱く語る男性の先輩たちを
「ふふん」と笑っていたが、もう笑えない。
                                          (田)



―――――

なあ~~~んだ!
S・Kさん。M國連太郎さんのご令息さんですね。
もうベテランのすごい俳優さんではないですか。失礼致しました(´д`;)
『トカレフ』観ました。鬼気迫る感じが、クリーンなイメージとまた違っててよかったです。


と、いうふうに、新聞読んで、一人コール&レスポンスごっこをしております。
謎がとけてスッキリ! どなたか存じませぬが、「田」さん、どうもありがとうございました(´∀`) 

暗いニュースの多い中、ぽっかりこういう笑えるニュース。楽しいです。


*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
あっ、S・Kさんて、まだいらっしゃいましたね。S口憲二さんもだー。 本文中の女性記者さんの
名も想像してみたりして(笑) ***
[PR]
by bambiyan | 2008-12-17 14:30 | 高知新聞片地販売所の日々
<< 冬の風物詩 紙上イニシャルトーク >>


カテゴリ
全体
PaloSantoのこと
つぶやき・ご挨拶
イベント紹介
ちょっとだけまちづくり
高知新聞片地販売所の日々
ステキなお店
ステキな場所
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
アンパンマン近くの毎日居..
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
年始のアリサワ酒造
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧