神母ノ木パロサント現住民日記2


高知・神母ノ木に住むbambiyanのたよりです
by bambiyan

紙上イニシャルトーク2

f0194421_14355492.jpg


前回のS・Kさんの謎。

うーん、夜も眠れない・・・と思っていたら、次の週に種明かしが。


―――――

【12月8日高知新聞朝刊/@ほーむ(田さん著)/タイトル:S・Kさん】

先週のこの欄にある通り、超人気俳優S・Kさんへのインタビューを
「汲」先輩にもぎ取られたわたし。
その俳優とは、一月公開の主演映画キャンペーンのため、来社した
佐藤浩市さんだった。

 当日、入り口で待ち受けながら、既に目がうるんでいる「汲」。
必要ないのに手伝いを買って出たわたし。
そして自然発生した、佐藤さんを迎える編集局の女性たちの列。

 佐藤さんは、さすがにスターのオーラがあった。
180㌢を超える長身で、黒い革ジャケットを着こなし、
映画などで見るよりもスラリとしている。

 「ひゃ~♡053.gif 」とわき起こる拍手。
照れたように笑って会釈する佐藤さん。一同が矢で射抜かれたように
ヘナヘナとその場に崩れた。
 
 「汲」が佐藤さんと応接室に入っていくのを「独り占めかえ」と歯ぎしりするM先輩。

なんと後輩Kは、佐藤さんがのどが渇いたと聞きつけ、すかさず二杯目のお茶を出しに!

 帰ってきたKは「いいにおいがしました。何の香水かな」。
「あんた、それがフェロモンよえ!」とM先輩。

かつて来社した夏目雅子の美しさについて、今も熱く語る男性の先輩たちを
「ふふん」と笑っていたが、もう笑えない。
                                          (田)



―――――

なあ~~~んだ!
S・Kさん。M國連太郎さんのご令息さんですね。
もうベテランのすごい俳優さんではないですか。失礼致しました(´д`;)
『トカレフ』観ました。鬼気迫る感じが、クリーンなイメージとまた違っててよかったです。


と、いうふうに、新聞読んで、一人コール&レスポンスごっこをしております。
謎がとけてスッキリ! どなたか存じませぬが、「田」さん、どうもありがとうございました(´∀`) 

暗いニュースの多い中、ぽっかりこういう笑えるニュース。楽しいです。


*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
あっ、S・Kさんて、まだいらっしゃいましたね。S口憲二さんもだー。 本文中の女性記者さんの
名も想像してみたりして(笑) ***
[PR]
# by bambiyan | 2008-12-17 14:30 | 高知新聞片地販売所の日々

紙上イニシャルトーク

f0194421_18365097.jpg

お世話になっている高知新聞社の記者さん、なかなか個性的で楽しい方ばかりなんです。
多くの方は面識がありませんが、
記事を読んで(会ってみたいなあ~)って思う方ばかり。

記事にクレジットがついているので更に興味深く読むことができます。

最近、「はい?」と思うおもしろいものを見つけたのでご紹介します(´∀`) 


―――――

【12月1日高知新聞朝刊/@ほーむ(汲さん著)/タイトル:自己不信】

「SMAPの中で一人選ぶなら、キムタクか稲垣吾郎か、悩むなあ」
 学生の時からそう言い続けてきた。
だから、映画「私は貝になりたい」に主演した中居正広さんの取材をすることになっても、
淡々としていた。
いや、しているはずだった。あの瞬間までは。

 「じゃあ、みんなで写真撮りますか」
三十分ほどの記者会見の後、気さくな中居さんは、われわれにそう声を掛けた。

気がついたら、私は中居さんの真横にいた。
カメラマンが撮ってくれた写真には、満面の笑みを浮かべる私。
”超”がつくミーハー、ばか丸出しだ。

自分の席から中居さんの横までどう行ったのか、全く記憶がない。
われ先にと猛ダッシュしたんだろう。恥ずかしい。


興奮すれば何をするか分からない。そう自覚した今、とても心配なことがある。
今度、超人気俳優、S・Kさんへの取材があるのだ。

ただでさえ大好きな俳優さん。
勢いで後輩からインタビュアーの座をもぎ取ったものの、ドキドキして眠れぬ夜が
ずっと続いている。

当日は、失神して取材どころではないかもしれない。
それより、われを忘れ、抱きついたりせねばいいのだが・・・。

自分が怖い。                       (汲)


―――――

これを読んで、しばらーく考えました。
S
S・Kさん。・・・誰?

あんまり知らないんですよね、芸能人の名前。
柴田K兵さん、杉R太郎さん、S田研二さん、S村一樹さん・・・あれはイッキか・・・

うーーーーーん、わからん!!!(って歌手も混じってるでしょうが!´д`;)
あっ! S木慶一さん、サエキKんぞうさんもいましたわ!!!(※これまたミュージシャンですね)

わからない。すみませんねえ・・・。
次回はこの続編を。

*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
ご無沙汰してすみません>< 世の中はすっかりX'masシーズンですね。
うちもささやかな電飾を・・・ ***
[PR]
# by bambiyan | 2008-12-16 18:37 | 高知新聞片地販売所の日々

多次元な写真展

f0194421_1451698.jpg


県美で行われている高知県三原村ご出身の野町和嘉(のまちかずよし)さんの写真展に行って来ました。

「苛酷な環境では、宗教の支えが無ければ人間は生きていけない」
という野町さんの追う、被写体。

メッカなど、カメラマン未踏の地であったり、エチオピア等、飢餓の凄惨な状況の中で、
暮らしと共にある祈りのさまを写し出した写真はリアルでありながら、美しい。

祈りを捧げる被写体の、瞳や姿に、祈りの対象が映し出されているようで。


自分には、遠い世界。


祈りのかたち』という30分Movieをロビーで流してました。その前で、若い女性が涙を流していました。

平面におさめられてるのに、時空を超えた奥行きで、
祈る人々を見つめる野町さんの視線に、目が離せません。



聖地巡礼 ~ Nomachi's Sacred Lands ~
野町和嘉 写真展


 期間 10月25日(土)~12月14日(日)
 休館 会期中なし
 場所 高知県立美術館(高知市高須)
 開館 午前9時~午後5時 ( 最終入館 午後4時30分 )
 電話 088-866-8000
 URL http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum


*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
今日と明日は香南市赤岡町にて冬の夏祭開催。先日、横矢のおばば様の訃報を聞き、絶句してしまいました。会釈しかしたことのない私でしたけど、おばば様、好きでした。 ご冥福をお祈り致します ***
[PR]
# by bambiyan | 2008-12-06 14:41 | イベント紹介

原付バイクでぱたぱたと

f0194421_221882.jpg

お話したことがあったでしょうか。

家業はパロサントの店と、
地元紙・高知新聞片地販売所なのですが、
私もそろそろと、修業を始めました。

日々の配達に加え、多岐に渡る業務をこなす親の姿に、すごいなあ、と思いつつ、
どんな日も配達業務に従事して下さってる皆さんに、いつも感謝。


私は主に営業と、威張るほどでもない部数ですが、夕方、新聞を配達しています。

原付バイクで走っていると、いろんなものを見つけます。
毎日同じルートでも、小さな変化が楽しめます。


木々の紅葉が少しずつ濃くなってきて、今年もおしどりが冬越えに来ていたり、
空に虹を見つけたり、犬や猫と仲良くなったり、収穫したお野菜を頂いたり

女郎蜘蛛さんが立派に巣を張っています。
アフリカンな衣装風の模様。きれいだなあと見とれて巣を破りそうになったり。

子供さんが今日のきんこんは何かなー、って待ち構えていたり。

ご購読下さっている読者の方々に、ありがとうの気持ちを込めて、お届けしてます。


日々の出会い・発見が、明日の自分を作ってゆく。
そんな気のする時間をいただいています。


*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
写真は杉田ダム近くの風景。ゴマシオみたいに川に浮かんだ点々が越冬中の
鴨やおしどり。平和を感じるひととき。 これからぼちぼち、販売店の日々も綴ってゆきますね ***
[PR]
# by bambiyan | 2008-11-29 22:03 | 高知新聞片地販売所の日々

永遠の乙女・ターシャさん

f0194421_2139403.jpg

先の頃のムーミン展といい、
いい企画をされるなあ、と注目していた
高知県立文学館で開催中、

今年6月になくなられたアメリカの絵本作家
ターシャ・テューダーさんの展覧会に行ってました。


絵本を描くのも生活するのも、当たり前の楽しさで、
好きなものに囲まれて生きていた、永遠の乙女のようなターシャさん。

ステキやわあ~~~と一回り。

ふと見たら、あら、この本持ってる・・・
高校生のときに買った洋書。
あれまあ、ターシャさんのだったんですか!
知らないうちに、もうターシャ・ワールドの住人でした。


常設展示室ちらっと覗いてみましたが、
あー帰れなくなる~!広い広い

寺田寅彦先生のコーナーも見ずでしたが、
あとで、チェロも収蔵されていると知り。
・・・また行くぞね!



ターシャ・テューダー展 ~コーギー・コテージへ、ようこそ。~ 

 期間 11月15日(土)~12月25日(木)
 休館 会期中なし
 場所 高知県立文学館 2F企画展示室 
 開館 午前9時~午後5時 ( 最終入館 午後4時30分 )   
 電話 088-822-0231
 URL http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~bungaku/ (関連企画も目白押しです。のぞいてみて下さい)

*** 四国ブログランキングに参加しています。よければ一押し( ゜∀゜)ノ”凸願います。
そいえば私、高校の美術の時間、絵本を作る授業があり、この12ヶ月本に似たようなものを製作しました。設定はドイツのとある村に住む兄妹が離れ村にいる祖父母にケーキかなんかを届けるんです。森やら湖やら通って、迷ってしまい、ふとあった洞窟で一夜を明かし、探しにきた父親に連れられ無事祖父母に会って家に帰ると。そんなお話。金とか銀の絵の具使ったけっこうゴージャス本でした。その本のタイトルは、当時あった漫画『俺節(題字・北島三郎)』。筆文字で。何考えていたんでしょう、いや、何も考えていませんでしたね。先生はいい点を下さいましたが、あの本、どこいったんだろー(笑) 誰かにあげたかな? ***
[PR]
# by bambiyan | 2008-11-24 21:40 | イベント紹介


カテゴリ
全体
PaloSantoのこと
つぶやき・ご挨拶
イベント紹介
ちょっとだけまちづくり
高知新聞片地販売所の日々
ステキなお店
ステキな場所
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
アンパンマン近くの毎日居..
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
年始のアリサワ酒造
from 土佐人がウキウキブギウギな高..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧